技術紹介 パレットを使用した組立原理

投入後

バイブにて回転

位置決め完了

  1. 工程4のB素子をパレットの裏面から吸引をして投入ガイドパレットに落とします。

バイブにて位置決め中は投入パレット上面より目視にて確認します。

(図は投入ガイドパレットの透過図です。)

弊社VI-02-Vac型のバキュームとバイブレーション一体型の作業台をご使用いただくことにより作業効率が大幅にアップいたします。

素子AB密集パレット

  1. 工程5の投入ガイドパレットを素子A用パレットに交換して工程6と同様に位置決めします。

素子ABの位置決めが完了。

移し替えを完了後。

(アウターB、素子台Bの上に前工程で配列と方向性をきれいに揃えた素子ABが乗っかっている)

  1. 前工程で位置決めを完了したパレットを裏面から吸引して工程3の素子台Bを組み込んだ状態の治具へ移し替えます。

このページのTOPへ戻る▲

前へ 1 2 3 4 5 次へ